客に加熱を指示せずに牛の生レバーを提供したとして、京都府警は29日、食品衛生法違反の疑いで、京都市中京区の焼き肉店「ちりとり鍋 ごっこや」経営、本間忠相(ただすけ)容疑者(43)=同区藤木町=を逮捕した。

府警によると、同店ではメニューに「あかんやつ(1100円)」と表記して生レバーを販売していた。

本間容疑者は、この表記について「焼かなあかんやつのことだった」などと供述し、容疑を否認しているという。

出典:産経新聞