エンタメ

真木将樹のプロフィールと現在!嫁や子供と洗剤の仕事で年商1億円の噂も調査

元プロ野球選手で、高橋由伸・川上憲伸と肩を並べた、真木将樹(まきまさき)さんについてご紹介!

ねこちゃん
ねこちゃん
2018年11月4日放送『消えた天才』に、元プロ野球選手の真木将樹さんが出演するわ!
いぬくん
いぬくん
近鉄にドラフト1位で入団した方だよ~

コチラの記事では、真木将樹さんのプロフィールと現在、嫁や子供と洗剤の仕事で年商1億円の噂についてご紹介します!

スポンサーリンク


真木将樹さんのプロフィール

はじめに真木将樹さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

プロフィール

生年月日:1976年2月13日(42歳)

出身地:福岡県

身長:180cm

体重:75kg

ポジション:投手

投打:左投げ左打ち

経歴:東筑紫学園高等学校→法政大学→近鉄→巨人

真木将樹さんは1976年2月13日生まれの42歳。福岡県出身の元プロ野球選手です。

高校時代は3年生の時に春の甲子園に出場、ベスト8まで勝ち進みました。

法政大学進学後は投手としての才能が開花、1年生の秋にいきなりベストナインに選出。

その後もエースとしてチームを支えリーグ通算25勝。

同リーグ通算28勝の川上憲伸選手はライバルと言える存在でした。

1997年度のドラフト会議で、近鉄バファローズから1位指名を受け入団。

入団1年目は6勝、先発ローテーションに入る活躍を見せました。

しかし、2年目以降は成績が低迷、2001年にはトレードで巨人に移籍しますが2002年に戦力外通告を受け退団。

翌2003年にはカナダの独立リーグチーム、カルガリー・アウトローズに入団。

ここで8試合に登板、4勝2敗・防御率5.56(45.1回)の成績を残すも、同年にリーグは閉鎖。

メジャーリーグのトライアウトを受けるものの、契約まで行かず2004年に現役を引退しました。

また、真木さんは1998年12月19日に婚姻届を提出、結婚されています。

奥さんの名前はしのぶさんで、挙式は大阪・上本町の都ホテル大阪で行われました。

子供については情報が無く居るかどうか分かりませんでした。

スポンサーリンク


真木将樹さんの現在の仕事は?

真木将樹さんは現在、アルク有限会社の代表取締役を務めています。

アルク有限会社は、オリジナルの洗剤・消臭剤の開発し販売しています。

2006年に真木さん自身が企業した会社です。

現役を引退した直後は先輩の会社に就職したものの、方向性の違いで辞めたそうです。

起業してしばらくは経営がうまく行かず、自身の貯金を切り崩しながらの生活。

転機となったのが2009年、シャンプー・化粧品の企画と開発に関わり、売上も徐々に伸びた事により年商1億円が見える所まで会社が成長しました。

そして2011年、高校の野球部監督を務めている先輩から「ユニフォームを簡単に洗える洗剤を作れない?」という声を受け、約1年をかけて開発に成功。

思いの外需要があることに気づき、自社商品化。

現在この商品は、小中学生の野球少年の親を中心に売上が着実に伸びているそうです。

真木さんがプロデュースする洗剤一覧はコチラ!

ライフネクスト公式HP

スポンサーリンク


法政大学のコーチ就任

真木さんは2016年3月12日に、母校・法政大学の投手コーチに就任しています。

野球を辞め、一切関わらなくなる方もいらっしゃるので、これは良いことだと思います。

プロの世界からは、戦力外という厳しい現実を突きつけられた真木さんですが

5年間プロ野球選手としてやってきたので、プロ野球選手を目指すために必要な事を教えられると思います。

主に技術面ではなくメンタル面を指導されているそうです。

大学時代は通算25勝の好投手ですから、技術面を教えるとしても特に問題は無いでしょうね。

まとめ

元プロ野球選手で、高橋由伸・川上憲伸と肩を並べた、真木将樹さんについてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
現役を引退してから、これだけの会社を作り上げるのは凄いわ!
いぬくん
いぬくん
コーチとしても有能そうだよね~

スポンサーリンク