エンタメ

川口知哉のプロフィール!現在の仕事と試合動画も紹介【消えた天才11/4放送】

元プロ野球選手・川口知哉(かわぐちともや)さんについてご紹介!

ねこちゃん
ねこちゃん
2018年11月4日放送『消えた天才』に、元プロ野球選手の川口知哉さんが出演するわ!
いぬくん
いぬくん
平安高等学校を夏の甲子園準優勝に導いた選手だよ~

コチラの記事では、川口知哉さんのプロフィール、現在の仕事&試合動画などについてご紹介します!

スポンサーリンク


川口知哉さんのプロフィール

川口知哉さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

プロフィール

生年月日:1979年8月25日(39歳)

出身地:京都府城陽市

身長:184cm

体重:86kg

ポジション:投手

投打:左投げ左打ち

川口知哉さんは1979年8月25日生まれの39歳。元プロ野球選手です。

平安高等学校(現龍谷大平安高校)3年生時の1997年、第69回選抜大会と第79回全国選手権にエースで4番として出場。

春はベスト8、夏は準優勝にチームを導きました。

140キロのストレートと落差の大きいカーブが武器で、後にプロへ進む井川慶・能見篤史と並び高校生左腕三羽ガラスと称されました。

同年の第33回ドラフト会議にて、オリックス・近鉄・ヤクルト・横浜から1位指名。

抽選の結果オリックスへ入団します。

プロ入り後は制球難と故障に苦しみ、実働3年間で0勝に終わりました。

ウエスタンリーグ(2軍)では、1試合6暴投・1試合15与四球・7連続与四球・シーズン14暴投という記録を樹立してしまいました。

2004年に戦力外通告を受け、トライアウトを受けるものの獲得球団は無く現役を引退します。

プロ野球で結果を残せなかった事について、当時の投手コーチに強制されたフォーム改造が原因と語っています。

自分には合わないと思いながらも「プロの人の言うことだから」と受け入れた結果、フォームはバラバラになってしまったそうです。

引退の前年に歯科技工士の女性と結婚、子供を一人もうけています。

スポンサーリンク


現在の仕事は?

現在、川口知哉さんは女子プロ野球チーム・京都フローラの監督を務めています。

現役を引退後も少年野球・アマチュア野球の指導に携わり、2010年から2012年、京都アストドリームスのコーチ就任。

2013年から2014年、サウス・ディオーネの監督。

2015年は日本女子プロ野球機構・統括ヘッドコーチ。

2016年兵庫ディオーネのヘッドコーチ。

そして、2018年に京都フローラの監督に就任しました。

就任1年目は、ヴィクトリアシリーズ(ペナントレース)優勝、年間女王戦(日本シリーズ)で2位の成績を残しています。

第8回女子野球ジャパンカップでも優勝、これがチーム4年ぶりの優勝となりました。

現役を離れた後は野球と全く関係の無い世界で働く方も多い中、女子プロ野球の世界で活躍されているのは素晴らしいです。

まだ39歳とお若い事から、これから監督としてさらなる活躍が期待できる事でしょう。

いずれは日本代表監督に就任されるかもしれませんね。

スポンサーリンク


川口知哉さんの試合動画をご紹介!

1997年第79回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の試合動画です。

川口さんは、元プロ野球選手の中谷仁擁する智弁和歌山と対戦。

3-6で準優勝という結果になりました。

1997年第69回選抜高等学校野球大会の試合動画です。

川口さんは一回戦で、石川県・星稜高校と対戦。

一時リードされるも逆転し二回戦進出を決めました。

1997年第69回選抜高等学校野球大会のインタビュー動画です。

報徳学園に敗戦後、川口さんへのインタビューが行われました。

ビッグマウスとして知られていた川口選手なので、淡々と語るインタビューは珍しいですね。

まとめ

元プロ野球選手・川口知哉さんについてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
今は女子プロ野球選手の育成に尽力している川口さん、世界を相手に戦える選手を育ててほしいわ!
いぬくん
いぬくん
世界大会の舞台で日本代表監督をやっている姿も見てみたいね~

スポンサーリンク