スポーツ

菊池雄星(西武)がポスティングで移籍するチームはどこ?ドジャースとパドレスの提示額はいくら?

埼玉西武ライオンズ・菊池雄星(きくちゆうせい)選手のポスティングについてご紹介!

ねこちゃん
ねこちゃん
西武ライオンズの菊池雄星選手が、ポスティング制度を利用してメジャーリーグに挑戦することを表明したわ!
いぬくん
いぬくん
何球団もの争奪戦になりそうだよ~

コチラの記事では、菊池雄星選手の移籍先チーム、有力候補のドジャースとパドレスの提示額についてご紹介します!

スポンサーリンク


菊池雄星選手のプロフィール

はじめに菊池雄星選手の簡単なプロフィールをご紹介します。

プロフィール

生年月日:1991年6月17日(27歳)

出身地:岩手県盛岡市

身長:184cm

体重:100kg

ポジション:投手

投打:左投げ左打ち

経歴:花巻東高等学校→埼玉西武ライオンズ

菊池雄星選手は1991年6月17日生まれの27歳。岩手県出身の現役プロ野球選手です。

小学校3年生の時に野球を始め、中学生の頃から本格的に投手としてプレーするようになります。

花巻東高等学校入学後は1年生時に145km/h、2年生時に149km/hを記録し右肩上がりに球速が伸びました。

最も注目を集めたのが、高校3年生時の第81回全国高等学校野球大会(夏の甲子園)です。

この大会の東北高等学校戦にて、自己最速の154km/hをマーク、2018年現在、甲子園での左腕投手最速記録となっています。

国内だけでなく国外からも注目を集めることになり、ドラフト会議前にはメジャーリーグ挑戦も見据え、国内12球団とメジャー8球団と面接を実施しました。

最終的には、自身のレベルがまだメジャー挑戦のレベルでは無いとし、日本のプロ野球でプレーする事を表明。

2009年10月29日に行われたドラフト会議にて、西武、阪神、ヤクルト、楽天、中日、日本ハムの6球団から1巡目指名。

抽選の結果、埼玉西武ライオンズへ入団しました。

プロ2年目となる2011年に1軍初登板。その後は順調に結果を残し続けます。

2016年に初の二桁勝利+規定投球回達成。翌2017年には16勝で最多勝、防御率1.97で最優秀防御率を獲得。

そして2018年は三年連続二桁勝利+規定投球回到達。

この成績を受けて、ポスティング制度を使い、メジャーリーグへ挑戦することを表明しました。

スポンサーリンク


移籍先有力候補 ロサンゼルス・ドジャース

https://twitter.com/YamadaSANSPO/status/1058499206426566658

移籍先の有力候補がロサンゼルス・ドジャースです。

ドジャースは菊池雄星選手が花巻東高等学校時代から注目しており、ドラフト会議前の面談にも参加しています。

メジャーリーグ30球団の中で、左腕投手が豊富と言われているドジャースですが、多少の不安点もあります。

エースのクレイトン・カーショウはここ2~3年で怪我が続き、本来の力が発揮できていない状態。

柳賢振はFAで放出の可能性があり、リッチ・ヒルは38歳で投球回数も少なく、盤石の体制に不安材料を抱えています。

そんな中、27歳と若くスタミナもある菊池雄星選手は、補強ポイントにマッチするという訳です。

スポンサーリンク


移籍先有力候補 サンディエゴ・パドレス

もう一つの移籍先有力候補として、サンディエゴ・パドレスが挙げられています。

パドレスには、現在マイナー契約で元西武の牧田和久選手が在籍しており、菊池雄星選手を呼び込むための契約とまで言われました。

パドレスの台所事情はかなり厳しく、2018年シーズンで10勝をあげた投手は一人も居ませんでした。

そのため、力のある先発投手は是が非でも補強したいところでしょう。

しかし、菊池雄星選手は「所属するなら日本人選手が居ないチームが良い」と語っています。

同郷の選手や在米日本人が居ると、甘えが出てしまうと考えているようです。

すでに牧田選手が所属しているパドレス、前田健太選手が所属しているドジャースには耳が痛い情報ですが、果たしてどうなるでしょうか?

また、メジャー挑戦が決まった際の年俸は、7年6100万ドル(約67億1000万円)以上と言われています。

まとめ

埼玉西武ライオンズ・菊池雄星(きくちゆうせい)選手のポスティングについてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
FA市場ではBランクという評価をされているみたいだわ!
いぬくん
いぬくん
移籍まですんなりと決まってくれると良いね~

スポンサーリンク