スポーツ

炭谷銀仁朗(西武)がFA権行使して移籍するチームはどこ?巨人と楽天の提示額はいくら?

埼玉西武ライオンズ・炭谷銀仁朗(すみたにぎんじろう)選手のFA移籍についてご紹介!

ねこちゃん
ねこちゃん
プロ野球・埼玉西武ライオンズの炭谷銀仁朗選手がFA宣言したわ!
いぬくん
いぬくん
巨人が獲得に熱心だと言われてるよ~

コチラの記事では、炭谷銀仁朗選手の移籍先チーム、有力候補の巨人と楽天の提示額についてご紹介します!

スポンサーリンク


炭谷銀仁朗選手のプロフィール

はじめに炭谷銀仁朗選手の簡単なプロフィールをご紹介します。

プロフィール

生年月日:1987年7月19日(31歳)

出身地:京都府京都市左京区

身長:180cm

体重:93kg

ポジション:捕手

投打:右投げ右打ち

経歴:平安高等学校→埼玉西武ライオンズ

炭谷選手は1987年7月19日生まれの31歳。現役のプロ野球選手です。

小学生の時に野球を始め、強肩を買われ左翼手から捕手に転向し、プレーを続けます。

名門・平安高等学校(現龍谷大平安)入学後はレギュラーとして活躍。

甲子園出場はありませんが、高校通算本塁打48本を放ち、強打の捕手として注目されました。

2005年10月3日、高校生ドラフト会議にて西武ライオンズから1巡目指名を受け入団。

ライオンズ入団1年目オープン戦で結果を残した事もあり、開幕1軍の座を掴みます。

また、高卒新人捕手として様々な記録を達成しました。

  • 高卒新人捕手の開幕一軍入り(谷繁元信以来17年ぶり)
  • 高卒新人捕手の開幕戦スタメンデビュー(谷本稔以来51年ぶり)
  • パ・リーグ高卒新人開幕スタメン(飯田幸夫以来40年ぶり)
  • 高卒新人による開幕戦安打(立浪和義以来2リーグ制後4人目)
  • 高卒新人によるルーキーイヤーでの満塁本塁打(清原和博以来20年ぶり)※高卒新人捕手としては史上初
  • 高卒新人による1試合2本塁打(松井秀喜以来)

その後、2009年から正捕手として起用されライオンズを支えます。

2018年シーズンは、強打の捕手・森友哉の台頭もあり出場機会が激減、47試合の出場に終わりました。

シーズン終了後の2018年11月8日、FA権を行使することを発表しました。

スポンサーリンク


移籍先有力候補・巨人

移籍先の有力候補として挙げられているのが巨人です。

巨人は、長年正捕手を務めてきた阿部慎之助選手の内野手転向後、捕手に悩まされています。

ここ2~3年は小林誠司選手の出場機会が多いものの、少し物足りないと言う声が多いです。

そこで、通算1000試合以上に出場し、2013年・2017年のWBCの出場経験もある炭谷選手に白羽の矢が立ちました。

今季得点圏打率が0.345と高い事も、獲得要因の一つだそうです。

しかし、バッティングだけを見るのであれば、お世辞にも炭谷選手は良くありません。

出場試合数は違うものの、小林誠司選手(0.215)よりも通算打率が低いです(0.212)

なのでチーム内外から、獲得には懐疑的な声が上がっています。

提示予想金額は3年6億円(年俸2億円)と言われています。

スポンサーリンク


移籍先候補・楽天

もう一つの移籍先候補チームは東北楽天ゴールデンイーグルスです。

しかし、こちらは残念ながら撤退するとの報道がなされました。

撤退の理由としては、同じくFA宣言した浅村栄斗選手の獲得に注力するためだと言われています。

現時点でも嶋基宏選手や山下斐紹選手が所属しており、正直獲得調査の報道が出た時は不思議な気持ちでした。

結果としてチームの弱点である「得点力不足」解消に向け、浅村選手の獲得に全力をつくすようですね。

参戦時の提示予想金額は2年4億円(年俸2億円)と言われていました。

まとめ

埼玉西武ライオンズ・炭谷銀仁朗(すみたにぎんじろう)選手のFA移籍についてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
仮に炭谷選手が移籍するとなると、今年だけで3年の選手が移籍の可能性があるのね!
いぬくん
いぬくん
新天地へ行っても頑張ってください~

スポンサーリンク