エンタメ

須藤美青(スラックライン)の出身中学校と高校はどこ?母親と凄技モニタリングの動画も!

スラックライン女子世界一、須藤美青さんについてご紹介!

ねこちゃん
ねこちゃん
2019年1月1日放送『ウルトラマンDASH』に、スラックライン女子世界一の須藤美青さんが出演するわ!
いぬくん
いぬくん
番組内でどんな凄技を見せてくれるのか楽しみだね~

コチラの記事では、須藤美青さんの年齢や出身中学校・高校などのプロフィール、母親と凄技モニタリングの動画もご紹介します!

スポンサーリンク


須藤美青さんのプロフィール

はじめに、須藤美青さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

プロフィール

名前:須藤 美青(すどう みお)

生年月日:1999年11月28日(19歳)

出身地:栃木県

スタンス:グーフィー

シューズサイズ:22cm

所属団体:Slackmonsters

須藤美青さんは1999年11月28日生まれの19歳。栃木県出身のスラックライン選手です。

須藤さんとスラックラインの出会いは2010年、小学校5年生の時。

宇都宮市で行われた競技体験会にて、ライン上で繰り広げられる宙返りや、ジャンプなどの高度なプレーを観賞。

実際に体験もして、スラックラインにハマったそうです。

翌年には大会にも出場。

男子に混ざりながらも、ジュニアの部で準優勝を飾っています。

2014年には、当時中学3年生でWSFed(世界スラックラインラン連盟)世界ランキング1位の快挙を成し遂げました。

出身中学校は分かりませんでしたが、高校は栃木県・作新学院高校です。

2018年の春、卒業の報告をInstagramに上げています。

卒業後は大学に進学せず競技に専念するそうです。

12年間の学生生活とあるので、小学部から高等部まで作新学院かもしれませんね。

現在は、スラックスラインの道具などを手がける企業「EXALER(エクスライラー)」や「Gibbon」から支援を受け、競技活動を行っています。

スポンサーリンク


須藤美青さんの母親について

須藤美青さんは当初スラックラインではなく、クライミングをやっていました。

小学校5年生の春にクライミング始め、メキメキと上達。

しかし股関節を怪我してしまい、クライミングが出来なくなってしまいます。

この時、美青さんは少し落ち込んでいたそうです。

そんな中、美青さんのお母さんが通っているジムに、たまたまスラックラインが設置されていて、試しにやって見た所、ハマってしまったとか。

そんなお母さんを見て美青さんは「自分だったらもっと出来る」と思い、スラックラインを始めました。

実際には渋々始めたそうなのですが、元来負けず嫌いな性格だったので

お母さんに対抗する内、どんどんと上達。

翌年には大会で準優勝するまでになりました。

一見シンプルに見えるスラックラインですが、競技レベルにまでラインを締めるためには大人の力が必要だとか。

毎回、お母さんのサポート付きで練習していたそうです。

また、ほぼ同時期に始めたので、お母さんもレベルの高いスラックラインライダーという噂もありました。

親子で共通のスポーツを楽しめるというのは、素敵だと思います。

スポンサーリンク


須藤美青さんの通算成績

国内成績

2018年

  • 12月/愛知・SLACKLINE FREESTYLERS in FIELDSTYLE 2018 : 女子の部 4位
  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
  • 7月/岩手・Gibbon Cup : 女子の部 優勝
  • 5月/東京・Japan Beach Games® 2018 : 女子の部 優勝
  • 4月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 優勝

2017年

  • 10月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 4位
  • 9月/長野・Slackline World Cup Japan : 18位
  • 8月/愛知・OCEANSLACKLINE ProfessionalGames 2017 : 4位
  • 4月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 3位
  • 3月/東京・SLACKLINE FREESTYLERS in TOKYO outside festival 2017 : 女子の部 準優勝

2016年

  • 10月/福岡・Gibbon Cup : 女子の部 3位
  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 優勝
  • 6月/山梨・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
  • 5月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 優勝

2015年

  • 10月/長野・Gibbon Cup : 女子の部 3位
  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
  • 8月/山梨・Gibbon Cup : 女子の部 3位
  • 6月/高知・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
  • 5月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 3位

2014年

  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
  • 8月/高知・Gibbon Cup : 女子の部 優勝
  • 6月/愛知・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
  • 5月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝

2013年

  • 11月/静岡・Mt.Fuji SLACK&SNOW JAM in Yeti : 女子の部 優勝
  • 11月/愛知・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
  • 8月/高知・Gibbon Cup : 女子の部 優勝

2012年

  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship :ジュニアの部 準優勝

2011年

  • 9月/東京・Nippon Open Slackline Championship :ジュニアの部 準優勝

海外成績

2018年

  • 7月/ア・コルーニャ・Street Stunts Slackline competition : 12位
  • 6月/ベイル・GoPro mountain Games Pacifico International Slackline Invitational : 出場

2017年

  • 6月/ベイル・GoPro mountain Games slackline worldcup in Vail : 出場

2016年

  • 7月/ミュンヘン・GLOBETROTTER WORLD SLACKLINE MASTERS : 女子の部 優勝

2015年

  • 7月/ミュンヘン・GLOBETROTTER WORLD SLACKLINE MASTERS : 女子の部 準優勝

OTC成績

  • 2017 ONLINE TRICKLINE CHAMPIONSHIPS : 女子の部 優勝
  • 2015 ONLINE TRICKLINE CHAMPIONSHIPS : 女子の部 準優勝

ランキング

  • 2017年 世界ランキング 女子の部 世界一
  • 2014年 世界ランキング 女子の部 世界一

出典:https://www.exaler.com

美青さんは国内だけでなく、海外でも結果を残しています。

更に世界ランキング1位も2度獲得と、日本では並ぶ方が居ないトップ選手です。

男女含めた総合の世界ランキングでは22位(2019年1月現在)です。

女子世界ランキングではトップに立っています。

スポンサーリンク


スラックラインとは?

スラックラインとは、ベルト状のラインの上で自由にパフォーマンスするスポーツです。

アメリカ・ヨセミテ公園にてクライマー達が、木々にロープを巻き、バランスゲームとして競い合ったのが始まりとされています。

その後、ヨーロッパに渡り世界中に広まりました。

スラックラインには様々な種目があります。

トリックライン

ライン上で制限時間内にテンポ良くトリックを決めるもの。

ロングライン

ライン上を歩き、距離を競うもの。

ハイライン

高さを競うもの。

ウォーターライン

水上で行うもの。

スポンサーリンク


須藤美青さんの競技動画をご紹介!

ここでは、須藤美青さんが実際に競技をしている動画をご紹介します。

2018年5月5日「JAPAN BEACH SLACKLINE GAME 2018」の動画です。

美青さんはこの大会の女子の部で優勝しています。

2016年5月7,8日「GIBBON CUP東京大会」女子決勝の動画です。

美青さんはこの大会の女子の部で優勝しています。

また、モニタリングにも出演しています。

これは番組内の企画ですが、実際におばあちゃんが凄技を連発していたらビビリますよね。

美青さんの技術の高さが伺える映像だと思います。

まとめ

須藤美青さんの年齢や出身中学校・高校などのプロフィール、母親と凄技モニタリングの動画もご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
まだ19歳と若いから、これからの成長と活躍に期待がかかるわ!
いぬくん
いぬくん
男女通じての世界一を目指してほしいね~