エンタメ

辻村秀一郎(デヴィ夫人の元経理)の経歴や顔画像は?横領の手口や犯行動機は中国人女性に貢ぐため?

2019年3月5日、タレントのデヴィ夫人の事務所の金を着服した罪に問われた元経理担当の男性に対し

東京地方裁判所は、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

実刑判決を言い渡されたのは、デヴィ夫人の事務所に勤務していた辻村秀一郎氏。

2011年から2016年までの約5年間で、2億7千万円を着服したと言われています。

コチラの記事では、辻村秀一郎氏の経歴や顔画像、横領の手口や犯行動機についてご紹介します!

スポンサーリンク


辻村秀一郎氏のプロフィール

辻村秀一郎氏の簡単なプロフィールについてご紹介します。

名前:辻村 秀一郎(つじむら しゅういちろう)

生年月日:不明

年齢:61歳

肩書:オフィス・デヴィ・スカルノ 元経理担当

辻村秀一郎氏は2008年の時点では、健康コーポレーション株式会社・経理財務部長として勤務。

時期は不明ですが、CMC税理士法人・杉田会計アソシエイツに転職。

事務所から派遣され、2011年から5年半に渡り「オフィス・デヴィ・スカルノ」の経理担当に。

2015年12月にはデヴィ夫人との個人契約へと変更。

しかし2016年9月に横領が発覚、2017年10月に逮捕、11月には起訴されました。

なぜ横領が発覚したのかと言うと

辻村秀一郎氏が、退職後の資産運用のために税理士に相談。

その際、取引していた銀行からの指摘を受け、辻村秀一郎氏の横領が発覚したとのこと。

2018年の1月に初公判が行われ、辻村秀一郎氏は起訴内容について認めているものの

公判内では「夫人はいつも自分本位で、勝手な思い込みが激しく、夫人のやかましさへの仕返しで(着服の)回数が重なりました。」と発言。

また「給料を一度も貰っていなかった。」ともコメントし、これにはデヴィ夫人も激しく反論しています。

デヴィ夫人によると毎月16万円の給与を支払っていたそうです。

コレが少ないのか多いのかは分かりませんが、事実ならば辻村秀一郎氏は嘘を吐いており、救いようの無い人物だと言う事になりますね。

スポンサーリンク


辻村秀一郎氏の横領の手口

デヴィ夫人の証言により明かされた横領の期間は、2011年2月~2016年9月。

辻村秀一郎氏は週に3回の勤務だったそうですが

その勤務の度にATMや銀行から40万~60万円を引き出しており、使途不明の引き出しは計300回にも及んだそうです。

引き出された金額は、約5年半で分かっているだけで2億7千万円。

また、辻村秀一郎氏の監督のため、税理士が月に2回事務所を訪れていたそうですが、効果は無かったみたいですね。

デヴィ夫人がマスコミ向けに発表した文章によりますと

辻村秀一郎氏を不審に思ったデヴィ夫人側が、2016年2月に会計事務所を「税理士法人・望月会計事務所」に変更。

過去の記録を色々と調べてもらった所、7ヶ月が経過した2016年9月に横領が発覚。

ココまで調査に時間がかかった理由として「お金の流れが不透明で、巧妙に細工されていたから」なのではと思います。

デヴィ夫人も「(辻村秀一郎被告が)大それたことをする人とは思えず、結果的に大変な知能犯ということがわかりました。」とコメント。

やはり、一筋縄では行かない細工をしていたのでしょうね。

スポンサーリンク


犯行動機は中国人女性に貢ぐため?

辻村秀一郎氏が横領に至った犯行動機ですが、交際中の中国人女性に貢ぐためだと言われています。

何度か行われている公判内でも、辻村秀一郎氏は

「仕返しの意味が強い。夫人の困った顔が見たかった。」

「横領した金は、中国人の交際相手に渡した。」

というように発言しているので、その可能性は高いと思います。

また、横領が始まったとされるのが2011年2月で、辻村秀一郎氏が勤務を開始した月。

中国人女性とは、デヴィ夫人の事務所に勤務する前から交際していたとの事なので

最初からデヴィ夫人の事務所に横領目的で来たのかもしれませんね。

まとめ

辻村秀一郎氏の経歴や顔画像、横領の手口や犯行動機についてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
経理担当が着服したって話はよく聞くけど、2億7千万円という数字には驚いたわね!
いぬくん
いぬくん
しかも相手がデヴィ夫人だからね~、全く反省していないようだし徹底的にやっても良いかもね!