ニュース

深山祐助(レオパレス21元社長)の経歴や出身大学はどこ?家族と在日韓国人の噂についても調査!

レオパレス21が、建築基準法に合わないアパートを施工した一連の問題について

レオパレス21の元社長、深山祐助氏の指示が関わっていると、朝日新聞が明らかにしました。

コチラの記事では、深山祐助氏の経歴や出身大学、家族・親族と在日韓国人の噂についてご紹介します!

スポンサーリンク


レオパレス21の元社長、深山祐助氏が不祥事に関与!

レオパレス21(深山英世社長)が建築基準法に合わないアパートを施工した問題で、同社は18日、第三者調査委員会の中間報告書を公表し、基準に合わない部材が使われたのは「当時の社長の指示が発端となった」とした。

速やかな引っ越しが必要な入居者7782人中、年度内に引っ越したりメドが立ったりしたのは1121人にとどまるという。

同社は2月、1996~2001年につくられた延べ1324棟で、外壁や天井に不備があったと発表。

仕切り壁や外壁の内部に、設計図面に記した部材「グラスウール」ではなく、遮音性や耐火性で同法の基準に適合しない「発泡ウレタン」が使われた例が明らかになっている。

中間報告書によると、ウレタンの使用は、創業者で2006年まで社長を務めた深山祐助氏の指示で方向性が示された。

施工業務の効率化が目的で、ウレタンを使った物件は関東近郊の一部で施工されたという。

報告書で第三者委は「当時の社長からの指示だったこともあって、ウレタンの使用については十分な性能実験が行われなかったことがうかがわれる」と指摘。

さらに、当時の商品開発が祐助氏直轄の部署で行われていたことが「法令や品質を軽視する原因・背景となっていたと思われる」と述べた。

多数の物件で長期にわたり不備が生じたことについては、「全社的な開発・施工態勢のずさんさ・ぜいじゃくさにとどまるのか、意図をもって組織的に行われていたかどうかであり、更に調査が必要」と強調した。

出典:朝日新聞

という事で、レオパレス21にて発覚した一連の「建築基準法に合わないアパートを施工した」問題について、元社長の深山祐助氏が関与している事が明らかになりました。

いくら施工業務の効率化を図ると言っても、基準に即していないものを使ってしまうのはどうかと思いますね。

深山祐助氏のワンマン経営って訳では無かったみたいですが、社長の意見なら逆らう訳にいかなかったんでしょうね。

今回の一件でレオパレス21に対する信頼はガタ落ちでしょうし、立て直すには時間がかかるでしょう。

スポンサーリンク


深山祐助氏のプロフィール

深山祐助氏の簡単なプロフィールについてご紹介します。

名前:深山 祐助(みやま ゆうすけ)

生年月日:1945年7月29日

年齢:73歳

出身地:長崎県壱岐市

肩書:株式会社レオパレス21・創業者 株式会社MDI・代表取締役会長

深山祐助氏は1945年7月29日生まれの73歳。長崎県出身の実業家です。

以下、深山祐助氏の経歴について簡単にご紹介します。

  • 1968年 拓殖大学貿易学科卒業
  • 1973年 株式会社ミヤマを設立
  • 1985年 敷金無料型マンション「レオパレス21」事業を開始
  • 1989年 社名を「株式会社エム・ディー・アイ」に変更
  • 2000年 社名を「レオパレス21」に変更
  • 2006年 自身の起こした不祥事により「レオパレス21」の社長を辞任
  • 2008年 親族と創業した「株式会社MDI」の代表取締役会長に就任

2006年に深山祐助氏が起こした不祥事ですが、資金の私的流用です。

コレがキッカケとなり、深山祐助氏はレオパレス21の社長を辞任しました。

2006年5月、レオパレス21社が入居者から徴収した手数料を売上げに計上せず過少計上し、この別管理の銀行口座から、創業者社長である深山祐助自身と、知人の企業に計47億円を貸付けていたことが発覚。

深山は6月1日、私的流用の責任を取り辞任した。

後任の社長に、拓殖大学の後輩である副社長の大場富夫が就任した

出典:Wikipedia

また、深山氏は自身の母校である拓殖大学に、2011年と2012年に多額の寄付を行っています。

深山祐助氏の家族について

深山祐助氏の家族・親族について分かっている範囲でご紹介します。

  • 深山英世 レオパレス21 現社長
  • 深山忠広 レオパレス21 取締役副社長執行役員
  • 深山将史 株式会社MDI創業者

スポンサーリンク


深山祐助氏は韓国出身?

ネット上では深山祐助氏が「韓国出身」なのでは?とよく言われています。

そこで、韓国出身と言われている理由についていくつか調べてみました。

苗字が「みやま」

現在流通している食品に「キムチの美山」という商品があります。

読み方が「ミヤマ」で深山祐助氏の苗字と同じ読みなので、通名の苗字かな?と思われやすいんですね。

2012年、レオパレス21が韓国に合弁会社を設立

2012年に、韓国の住宅管理会社「ウリ管理」との合弁会社「ウリレオPMC」を、韓国の安養市に設立。

この事から、韓国人との繋がりを持っていると思われています。

深山祐助氏が長崎県壱岐市の出身だから

長崎県壱岐市は、九州と対馬のちょうど中間付近にある島で

対馬とともに、古くから朝鮮半島と九州を結ぶ海上交通の中継地点です。

特に対馬は韓国人旅行客からの人気が高く、壱岐市も近いことから在日韓国人も多くいると思われています。

そのため、壱岐市出身の深山祐助氏も在日韓国人では?と疑われているみたいですね。

社名に「21」が入っているから

韓国語で「21」という数字はトンイルと読み「統一」という意味があります。

韓国人が好き好んで使う数字なので、韓国出身では?と疑われています。

ここで紹介したものはあくまでも噂なので、全てが真実という訳ではありません。