ニュース

【炎上】令和18年はR18年になる?新元号の意味・理由と出典元の万葉集の元ネタ画像も

2019年4月1日、新元号「令和」が発表され、日本中が沸いています。

新元号「令和」の文字を冠した金太郎飴や、ゴールデンボンバーが「令和」の新曲を発表するなど、盛り上がりは暫く続くものと思われます。

そんな中、ネット上では「令和18年」になったら「R18年」になるのでは?と、ちょっとした炎上が起きているようです。

コチラの記事では、新元号「令和」決定の意味や理由、出典元の万葉集の元ネタ画像や令和18年の炎上についてご紹介します!

スポンサーリンク


新元号「令和」決定のニュース

政府は1日午前、「平成」に代わる新たな元号を「令和(れいわ)」と決定した。

5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせて元号が改まる。出典は日本最古の歌集である「万葉集」。元号の典拠が日本古典(国書)となるのは初めて。

菅義偉官房長官が記者会見で発表した。続いて安倍晋三首相も会見して談話を読み上げ、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明。「日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継ぎ、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた」と語った。

出典:時事通信社

2019年4月1日、新元号は「令和」だと発表されました。

5月1日の新天皇即位に合わせ、平成から令和へと改元が行われます。

ネット上では「安」の文字が入ると予想されており「安久」など、様々な新元号が候補に上がっていました。

しかし、今日発表されたのは「令和」で大半の予想は外れた格好になります。

現時点では新元号を否定する声も少なく、国民からは好意的に捉えられているようです。

スポンサーリンク


新元号「令和」は万葉集から引用

新元号の「令和」という文字は、日本の古典である「万葉集」から引用されています。

中国の古典からではなく、日本の古典からの引用は確認された中では初の事例との事。

意味は以下の通りです。

政府によると、万葉集の「梅花(うめのはな)の歌」の「初春令月、気淑風和=初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ」から引用した。考案者は公表しない。首相は「国民に広く受け入れられ、生活に深く根ざすことを願う」と訴えた。

出典:時事通信社

また、出典となった万葉集の画像も公開されました。

スポンサーリンク


令和18年が「R-18年」になると炎上

新元号の「令和」ですが、令和18年になった際「R18年」と略されるのでは?とネットで炎上しました。

見事?Twitterのトレンド入りも果たしています。

ちょっとツイート数が圧倒的です(笑)

皆さんの新元号への注目度が以下に高いかが分かりますね。

コレを見ると確かに「令和18年」生まれの方はまず間違いなくイジられると思います。

しかし、一方で平成は毎年「H」だったので問題ないとの声も。

このような議論の最中ですが、菅官房長官から令和のアルファベット表記が「Reiwa」になると正式に発表されました。

今後も様々な議論を呼びそうな新元号。

また何かありましたらご紹介します。