ニュース

横浜シーサイドライン逆走の理由は何?詳細な原因と動画・運営会社についても

2019年6月1日午後8時15分頃、神奈川県横浜市で運行している「横浜シーサイドライン」の電車が逆走し、20人が負傷する事故が発生しました。

事故があったのは「新杉田駅」で重傷者も居る模様です。

現在神奈川県警により、事故の詳しい状況が調べられています。

コチラの記事では、横浜シーサイドライン逆走の理由は何なのか、詳細な原因と動画・運営会社についてご紹介します。

スポンサーリンク


横浜シーサイドラインが逆走し20人負傷

1日午後8時15分ごろ、横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」新杉田駅で、列車が反対方向に走り出し、車止めにぶつかって止まった。

横浜市消防局によると、午後9時現在で20人が負傷し、そのうち2人が重傷という情報がある。シーサイドラインは全線で運転を見合わせている。

運営会社の横浜シーサイドラインによると、事故の列車は新杉田発並木中央行きで、5両編成。

運転士のいない完全自動運転で、ドアが閉まったあと、進行方向とは逆に走り出したという。乗客は50人以上いたとみられる。

出典:朝日新聞DIGITAL

神奈川県横浜市で運行している「横浜シーサイドライン」が逆走、20人が負傷し、うち2人が重傷を負ったというニュースです。

扉がしまった後、突然逆方向に走り出したとの事なので、乗客の皆さんは困惑したことでしょう。

結果的に負傷者を多数出していますし、未然に防げなかったのかなと思います。

コチラのツイートを参考にすると「自動運転での事故のため、復旧のため約1ヶ月程度時間がかかるのでは」とのこと。

スポンサーリンク


横浜シーサイドラインの逆走の原因は?

横浜シーサイドラインは「ゆりかもめ」で知られる新交通システムを採用しており、運転手が居ません。

そのため、運転は基本的に自動運転で「中央指令所」からいつも監視しています。

横浜シーサイドラインも同じシステムを利用しているとすると、今回の逆走の理由はシステムトラブルが第一に考えられます。

このツイートを見ると「テールランプが点灯した状態で逆走はありえない」とのこと。

そして「車両側に何があったんだ?」という発言から、今回の事故の原因はシステム自体のトラブルというより、車両側の問題ではないかと思われます。

現在警察が捜査しているので、詳しい原因が分かり次第追記します。

スポンサーリンク


横浜シーサイドラインの事故動画

現在、横浜シーサイドライン新杉田駅では警察や消防、マスコミでごった返している模様です。

上空からの映像を見ると、救急車や消防車の数がかなり多いです。

今回の事故に対する被害が大きいことが確認できますね。

スポンサーリンク


横浜シーサイドラインの運営会社

横浜シーサイドラインの運営会社ですが「株式会社横浜シーサイドライン」です。

路線の正式名称は「金沢シーサイドライン」となっています。

横浜市・京浜急行電鉄・西武鉄道・横浜銀行などの共同出資による、第三セクター方式で設立された鉄道会社の一つです。

本社は金沢シーサイドライン「並木北駅」付近にあります。

スポンサーリンク


ネットの反応