国家試験

【解答速報】第102回助産師国家試験2019の合格率と難易度についても

2019年2月14日、第102回助産師国家試験が行われました。

助産師を志す方にとっては、助産師の国家資格を取得する年に一度しか無い大事な試験です。

合格率も比較的高く、しっかりと勉強している方は合格できる試験としても知られています。

コチラの記事では、第102回助産師国家試験の解答速報、合格率や難易度についてご紹介します!

スポンサーリンク


第102回助産師国家試験の概要

はじめに、2019年2月14日に行われた、第102回助産師国家試験の概要について説明します。

試験日

2019年(平成31年)2月14日

合格発表日

2019年(平成31年)3月22日

合格基準

第101回(2018年)

一般問題を1問1点(75点満点)、状況設定問題を1問2点(68点満点)とし、次の合格基準を満たす者を合格とする。

  • 総得点 86点以上/143点

但し、一部の問題において採点対象から除外された受験者にあっては、

  • 総得点 86点以上/142点となる。

出典:www.mhlw.go.jp

第100回(2017年)

一般問題を1問1点(75点満点)、状況設定問題を1問2点(70点満点)とし、次の合格基準を満たす者を合格とする。

  • 総得点 87点以上/145点

出典:www.mhlw.go.jp

スポンサーリンク


第102回助産師国家試験の解答速報

第102回助産師国家試験の解答は、以下のサイトで掲載される予定です。

http://www.intermed.co.jp/sanmoshi/

試験を受験した方の感想

スポンサーリンク


合格率と難易度

第102回助産師国家試験の合格率ですが、合格発表がまだ先のため公表されていません。

こちらでは、過去の助産師国家試験の合格率についてご紹介します。

(出願者数)(受験者数)(合格者数)(合格率)
第101回 2,243人 2,230人 2,201人98.7%
(うち新卒者) 2,099人 2,087人 2,074人 99.4%
第100回2,064人2,053人1,909人93.0%
(うち新卒者)2,055人2,044人1,904人93.2%
第99回2,031人2,008人2,003人99.8%
(うち新卒者)2,022人2,000人 1,995人99.8%
第98回2,052人2,037人2,034人99.9%
(うち新卒者)1,990人1,976人1,975人99.9%
第97回2,095人2,079人2,015人96.9%
(うち新卒者)2,056人2,042人1,993人97.6%

難易度

助産師国家試験の難易度についてですが、参考になりそうな記事がありましたのでご紹介します。

助産師国家試験の過去5年の合格率は、平成27年99.8%、平成26年99.9%、平成25年96.9%、平成24年98.1%、平成23年95%となっています。

最近は受験者数が増え、90%後半の合格率となっていますが、10年程度前には100%の年もありました。

つまり、基本的には落とすための試験ではないといえます。しっかりと1年かけて助産師の勉強をまじめにやっていれば合格できる難易度です。

では合格率が低い年があるのはなぜでしょうか?

おそらく、大学での助産師コースが増えたことにより、『一応、助産師の資格もとっておこう』という考えの学生がいるということと、看護師・助産師・保健師の国家試験の日程が近いため、助産師国家試験の勉強がおろそかになってしまい合格率が下がる結果となっている可能性があります。

なお、助産師国家試験に合格していても、看護師国家資格に不合格だった場合、助産師の免許を受け取ることはできません。

出典:http://careergarden.jp

コチラのサイトの記載の通り、合格率も非常に高いですし、しっかりと勉強している方なら十分に合格できる試験と言えますね。

まとめ

第102回助産師国家試験の解答速報、合格率や難易度についてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
合格率が高いと言っても、合格発表の日まではドキドキだと思うわ!
いぬくん
いぬくん
合格発表日が楽しみだね~