国家試験

【解答速報】第108回看護師国家試験2019の合格率と難易度についても

2019年2月17日、第108回看護師国家試験が行われました。

毎年5~6万人が受験する国家試験で、平均して90%前後の合格率です。

この試験を突破すると晴れて看護師として働けるだけに、人気のある国家資格の一つでもあります。

コチラの記事では、第108回看護師国家試験の解答速報、合格率と難易度についてご紹介します!

スポンサーリンク


第108回看護師国家試験の概要

はじめに、第108回看護師国家試験の概要についてご紹介します。

試験日

2019年(平成31年)2月17日 火曜日

合格発表日

2019年(平成31年)3月22日 金曜日 午後2時

試験会場

北海道・青森県・宮城県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県

以上、全国11都道府県28会場

第108回看護師国家試験の試験会場一覧はコチラ

合格基準

第107回(2018年)

必修問題及び一般問題を1問1点、状況設定問題を1問2点とし、次の(1)~(2)の全てを満たす者を合格とする。

  • (1) 必修問題 39点以上/48点

但し、必修問題の一部を採点対象から除外された受験者にあっては、

必修問題の得点について、38点以上/47点、37点以上/46点、36点以上/45点、

36点以上/44点、35点以上/43点又は34点以上/42点とする。

  • (2) 一般問題 状況設定問題 154点以上/247点

出典:www.mhlw.go.jp

スポンサーリンク


第108回看護師国家試験の解答速報

第108回看護師国家試験の解答は、以下のサイトにて掲載されています。(サイトに登録が必要なものもあります)

医療worker

株式会社メディックメディア

メディカ出版

テコム看護

受験者の感想

スポンサーリンク


第108回看護師国家試験の合格率と難易度

※第108回看護師国家試験の合格率が発表されました。以下のサイトからご覧になれます。

→看護師国家試験2019の学校別合格率、100%は48大学|リセマム

第108回看護師国家試験の合格率ですが、合格発表日が約1ヶ月後とまだ先のため現在は分かりません。

コチラでは、過去の看護師国家試験の合格率をご紹介します。

出願者数(人)受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第107回65,07064,48858,68291.0
(うち新卒者)58,28857,92955,764 96.3
第106回63,04362,53455,36788.5
(うち新卒者)56,70656,38153,17794.3
第105回62,63362,15455,58589.4
(うち新卒者)56,69756,41453,54794.9
第104回61,48060,94754,87190.0
(うち新卒者)55,34855,01552,54795.5
第103回60,31258,89152,90089.8
(うち新卒者)53,89052,91450,34995.2

看護師国家試験の難易度

看護師国家試験の難易度について、参考になりそうな記事がありましたのでご紹介します。

看護師として働くためには、看護師国家試験に合格し、看護師免許を取得することが必要です。

勉強する範囲も広く簡単な試験ではありませんが、合格率は例年90%前後となっており、学校でしっかりと勉強すれば合格できる難易度です。

出典:http://careergarden.jp

医療系の国家試験の特徴の一つかもしれませんが、既卒者よりも新卒者の合格の割合が高いです。

専門学校等で学び、そのまま試験を受けられる環境に居る方が合格に近いのは間違いないでしょう。

まとめ

第108回看護師国家試験の解答速報、合格率と難易度についてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
毎年かなりの方が受験する看護師国家試験、これを乗り切れば看護師として働けるだけに気合も十分だと思うわ!
いぬくん
いぬくん
4月から看護師として働いている姿が楽しみだよ~