国家試験

【解答速報】第71回診療放射線技師国家試験の合格率と難易度についても

2019年2月21日、第71回診療放射線技師国家試験が行われました

この国家試験に合格すると、診療放射線技師の国家資格を取得でき、晴れて診療放射線技師として働くことが可能になります。

コチラの記事では、第71回診療放射線技師国家試験の解答速報、合格率と難易度についてご紹介します!

スポンサーリンク


第71回診療放射線技師国家試験の概要

はじめに、第71回診療放射線技師国家試験の概要についてご紹介します。

試験日

2019年(平成31年)2月21日 木曜日

合格発表日

2019年(平成31年)3月25日 月曜日 午後2時

試験会場

北海道・宮城県・東京都・愛知県・大阪府・広島県・香川県・福岡県

以上、8都道府県8会場

合格基準

第70回(2018年)

(全科目受験者)

配点を1問1点、合計200点満点とし、次の基準を満たした者を合格とする。

  • 総得点 120点以上/200点
  • 0点の試験科目が1科目以下

(試験科目一部免除受験者)

配点を1問1点、合計98点満点とし、次の基準を満たした者を合格とする。

  • 総得点59点以上/98点
  • 0点の試験科目が1科目以下

出典:www.mhlw.go.jp

スポンサーリンク


第71回診療放射線技師国家試験の解答速報

第71回診療放射線技師国家試験の解答ですが、現在掲載しているサイトは見つかりませんでした。

見つかり次第追記します。

受験者の感想

スポンサーリンク


第71回診療放射線技師国家試験の合格率と難易度

第71回診療放射線技師国家試験の合格率ですが、合格発表日が約一ヶ月後とまだ先のため、現在公開されていません。

コチラでは、過去の診療放射線技師国家試験の合格率についてご紹介します。

回数出願者数(人)受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第70回3,3092,9712,23775.3
(うち新卒者)2,9012,5892,19684.8
第69回3,3002,9392,51185.4
(うち新卒者)2,7242,4082,31196.0
第68回3,3503,0162,37778.8
(うち新卒者)2,6532,3632,14890.9
第67回3,1302,8392,09473.8
(うち新卒者)2,5542,2901,95185.2
第66回3,1952,9072,22476.5
(うち新卒者)2,3972,1361,92089.9

診療放射線技師国家試験の難易度

診療放射線技師国家試験の難易度について、参考になりそうな記事がありましたのでご紹介します。

診療放射線技師の国家試験は、診療放射線技師の養成課程がある大学や短大、専門学校で所定の課程を修了することによって、受験資格を得ることができます。

試験の合格率は約70〜80%となっています。

例年、診療放射線技師の国家試験受験者数は年間2500名前後で推移しています。

この10年で一番多かったのは平成25年度で2,907名、反対に少なかったのは平成19年度で2444名となっています。

このように受験者数は年によって400名近い違いは見られるものの安定して応募があることがわかります。

しかし、合格率となると受験者数に関係なく行われた年ごとに差が見られます。

診療放射線技師の国家試験は合格させる人数が決まっているわけではなく、あくまで受験者が合格基準に達しているかどうかで判断されるからです。

一般に問題の6割程度を正答すれば合格ラインとされています。

とはいっても実施年度によって問題の難易度が異なるため、平成23年度では83.4%の高い合格率だった反面、平成17年度では62.6%という低い水準になっています。

合格率が目立って低かった翌年は難易度が優しくなるという傾向がありますが、全体的に合格率は70%程度と考えておくとよいでしょう。

出典:http://careergarden.jp

まとめ

第71回診療放射線技師国家試験の解答速報、合格率と難易度についてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
医療現場に欠かせない人材だから、是非合格して欲しいわね!
いぬくん
いぬくん
合格発表日が楽しみだよ~