国家試験

【解答速報】第104回薬剤師国家試験の合格率と難易度についても

2019年2月23日・24日、第104回薬剤師国家試験が行われます。

2日に分けて行われる国家試験で、この試験に合格すると国家資格「薬剤師」の資格を取得できます。

また、非常に難関の国家試験としても知られており、過去の試験では全体の合格率が60%付近に留まることもありました。

コチラの記事では、第104回薬剤師国家試験の解答速報、合格率と難易度についてご紹介します!

スポンサーリンク


第104回薬剤師国家試験の概要

はじめに、第104回薬剤師国家試験の概要についてご紹介します。

試験日

2019年2月23日・24日 土曜日・日曜日

合格発表日

2019年3月25日 月曜日 午後2時

試験会場

北海道・宮城県・東京都・石川県・愛知県・大阪府・広島県・徳島県・福岡県

以上、9都道府県15会場。

第104回薬剤師国家試験の試験会場は一覧はコチラをご覧ください。

合格基準

第103回(2018年)

以下のすべての基準を満たした者を合格とする。

  • 全問題の得点が434点以上
  • 必須問題について、全問題への配点の70%以上で、かつ、構成する各科目の得点がそれぞれ配点の30%以上

出典:www.mhlw.go.jp

スポンサーリンク


第104回薬剤師国家試験の解答速報


第104回薬剤師国家試験の解答速報ですが、以下のサイトに掲載されています。

http://www.yakuzemi.ac.jp

1日目・二日目の解答が両方掲載されています。

受験者の感想

スポンサーリンク


第104回薬剤師国家試験の合格率と難易度

第104回薬剤師国家試験の合格率ですが、合格発表日が2019年3月25日とまだ先のため、現在は公開されていません。

コチラでは、過去の薬剤師国家試験の合格率についてご紹介します。

回数出願者数(人)受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第103回14,87613,5799,58470.58
(うち新卒者)9,5558,6067,30484.87
第102回14,70113,2439,47971.58
(うち新卒者)9,4178,2917,05285.06
第101回16,65814,94911,48876.85
(うち新卒者)9,6258,2427,10886.24
第100回16,54614,3169,04463.17
(うち新卒者)不明8,4466,13672.65
第99回14,03912,0197,31260.84
(うち新卒者)不明8,8226,21970.49

直近5回の試験では全体の合格率が80%に届いていません。

また、第100回は63.17%、第99回は60.84%であることから非常に難関の国家試験であると言えますね。

第104回薬剤師国家試験の難易度

第104回薬剤師国家試験の難易度について、参考になりそうな記事がありましたのでご紹介します。

薬剤師になるためには、薬学系の大学で6年間学んだ上で、薬剤師国家試験に合格しなければいけません。

薬剤師国家試験は、年に一度、3月に2日間の日程で実施される試験です。

試験内容は「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「病態・薬物治療」「法規・制度・倫理」「実務」の7領域に分かれており、薬学に関する幅広い知識が問われます。

この国家試験の合格率は、どれくらいなのでしょうか。

厚生労働省が発表した平成27年度の試験合格率を見てみると、受験者が14,949人に対して、合格者は11,488人。合格率は76.9%となっています。

受験する年によって難易度が若干変わるというのが実情ではありますが、平均的には60%から80%ぐらいになることが多いようです。

合格率は高く見えますが、これは大学側が受験者を絞っているということも理由の一つです。大学で実施される試験に合格しないと、国家試験を受験できないというものです。

勉強の範囲は膨大であり、6年間しっかり勉強をしておかないと合格することは難しいでしょう。

出典:http://careergarden.jp

薬剤師国家試験は出題範囲も広く、とても難易度が高いと知られています。

6年間という期間でしっかりと勉強できるかが、薬剤師国家試験合格のポイントと言えそうです。

まとめ

第104回薬剤師国家試験の解答速報、合格率と難易度についてご紹介しました。

ねこちゃん
ねこちゃん
6年制大学に通ったり、難易度の高い国家試験に合格しなければいけなかったりと、色々大変だけれど頑張って欲しいわ!
いぬくん
いぬくん
合格発表日が楽しみだね~