ニュース

【群馬県南牧村バス転落事故】運転手の名前や顔画像・バス会社は?事故原因と現場はどこ?

2019年5月10日午後3時頃、群馬県南牧村大仁田の大仁田ダム付近で、マイクロバスが崖下に転落、14人が重軽傷を負ったとのニュースが入ってきました。

コチラの記事では、群馬県南牧村バス転落事故の運転手の名前や顔画像・バス会社についてと事故原因と現場についてご紹介します。

https://guidely.jp/2019/05/10/ebiharaisao/

スポンサーリンク


群馬県南牧村でマイクロバスが転落し14人が重軽傷

10日午後、群馬県南牧村でマイクロバスが林道脇の崖下に転落し、消防によりますと、乗っていた14人が重軽傷を負い、病院で手当てを受けています。いずれも意識はあるということで、警察と消防が詳しい状況を調べています。

10日午後3時前、群馬県南牧村大仁田でマイクロバスが林道脇から崖下に転落したと消防に通報がありました。

バスはおよそ10メートルの高さから転落したとみられ、消防によりますと、乗っていた登山者など19人のうち、14人の男女が重軽傷を負って病院で手当てを受けています。
いずれも意識はあるということです。

消防によりますと、当時、運転手が席を外し停車中だったバスに乗客たちが乗り込んだところ突然、車体が動き出して崖下に転落したと、一部の乗客が話しているということです。

警察と消防が当時の詳しい状況を調べています。

出典:NHK NEWS

本日午後3時頃、群馬県南牧村大仁田にてマイクロバスが崖下に転落したニュースが入ってきました。

バスの乗客は全部で19人で、そのうち14人が重軽傷を負い病院で手当を受けているとの事です。

現在のところ、死亡者は居ないとの事なので一安心しました。

また、情報によると登山客がチャーターしたバスだったとの事です。

スポンサーリンク


バスの事故原因は?

今回起きたバスの転落事故の原因ですが、たまたま事故現場を見ていた方によると

「運転手が不在のバスに乗り込んだら、バスが動き出し転落した」

ということを話されていました。

さらに「サイドブレーキを掛けていなかったのでは?」「バスがニュートラル状態だったのでは?」という意見もあるようです。

運転手が居ないのに勝手に動き出す理由としてはこの辺りしか思い浮かびませんが、実際は何が原因なのでしょうか?

続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク


転落事故現場は大仁田ダム付近?

報道によると、バスが転落した事故現場は大仁田ダム付近のようです。

地図で見ると以下になります。

ダムというだけあって周りにはほぼ何も無いことが分かりますね。

登山客くらいしか利用しないのではと思います。

地図上に「P」の表記が2つあり「大仁田ダム駐車場」と「烏帽子岳登山口駐車場」です。

このどちらかにバスは止められていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク


バスの会社や運転手について

バスの運転手やバス会社についての情報ですが、現在判明しておりません。

登山客がチャーターしたバスとの事なので、普段この辺りを走っている路線バス等で無い可能性もあります。

こちらについては分かり次第追記します。

※今回の事故で、バスを運転していた海老原功容疑者(66)が逮捕されました。

https://guidely.jp/2019/05/10/ebiharaisao/

ネットの反応