ニュース

岩崎隆一容疑者(川崎殺傷事件)の自宅画像や出身中学校はどこ?性格や生い立ち・家族(両親)についても

2019年5月28日午前7時40分頃、川崎市多摩区登戸新町の路上で通り魔事件が発生し、私立カリタス小学校の児童17人と保護者2人が刺され、うち2人が死亡しました。

この事件で警察は岩崎隆一容疑者(51)を犯人としています。

コチラの記事では、岩崎隆一容疑者(51)の自宅画像や出身中学校や高校、性格や生い立ち・両親についてご紹介します。

https://guidely.jp/2019/05/28/iwasakiryuichi/

スポンサーリンク


カリタス小学校スクールバス通り魔事件

28日午前7時40分頃、川崎市多摩区登戸新町のスクールバスのバス停付近で、同区中野島の私立カリタス小学校の児童17人と保護者2人の計19人が刃物を持った男に次々と刺され、女児と保護者男性が死亡した。

男は直後に自身の首を切って自殺した。神奈川県警は同日夜、男の身元について同市麻生区多摩美、岩崎隆一容疑者(51)と発表。不特定の子供らを狙った通り魔事件とみて、容疑者死亡のまま殺人容疑などで捜査し、動機の解明を進める。

県警の発表では、殺害されたのは、同小6年の栗林華子さん(11)(東京都多摩市桜ヶ丘)、他の児童の父親で外務省職員の小山智史さん(39)(東京都世田谷区桜上水)。このほか、児童2人と保護者女性(45)が重傷、児童14人も軽傷などを負った。

出典:ライブドアニュース

この事件で亡くなった方は、現在判明しているだけで2人。

  • 栗林華子さん
  • 小山智史さん

栗林華子さんは私立カリタス小学校に通う小学校6年生で11歳。

小山智史さんは外務省の職員で39歳。

栗林さんはスクールバスに乗るため、小山さんは子供の付き添いでスクールバスを待っていた時に事件に遭いました。

スポンサーリンク


岩崎隆一容疑者(51)のプロフィール

  • 名前:岩崎隆一
  • 年齢:51歳
  • 職業:不明
  • 住所:神奈川県川崎市麻生区多摩美

犯人の岩崎隆一容疑者(51)について、現在分かっている事は以上です。

顔画像は現在分かっていません。

自宅住所や家の画像は既に特定されているようです。

また、岩崎隆一容疑者の出身中学校や高校などの学歴は不明です。

自宅が神奈川県にある事から、そう遠くない学校に通っていたとされていますが、実際はどうなんでしょうか?

一部報道では精神疾患を患っていたとあったので、そういう類の施設に居た可能性もあると思います。

コチラは分かり次第追記します。

スポンサーリンク


岩崎隆一容疑者の生い立ちや性格

岩崎容疑者の生い立ちですが、産経ニュースの記事に詳しく書かれていました。

岩崎容疑者は、小学校入学前後に伯父夫婦に引き取られてきたといい、近隣住民には「複雑な境遇で育った子」として知られていた。幼少期を知る男性は「まだあどけないのに、かわいそうだなと思っていた」と話す。ただ、「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」とも明かす。

出典:産経ニュース

小学校入学前後に引き取られてきたと有ることから、実の両親との間に何らかの問題があったと考えるのが妥当でしょう。

当初は近隣住民も可哀想に思っていたそうですが、余りにも奇行が目立つので避けていたようです。

また、小学校・中学校時代の同級生によると岩崎容疑者は「怒りやすい性格」

頻繁に校内で暴れたり、友人を鉛筆で刺したりとコチラも奇行が目立っていたそうです。

岩崎容疑者が中学校を卒業した後の足取りは知らないそうですが

「岩崎容疑者がが事件に関わったと聞いても特に驚きはなかった」と話しています。

スポンサーリンク


岩崎隆一容疑者の家族(両親)について

このような事件が起こると、容疑者の家族に対しても取材が行われます。

今回の事件ではNEWSポストセブンの記者が、岩崎容疑者の自宅と思われる電話番号に電話を掛けたそうです。

そして、親族と思われる男性との接触に成功したとの事。

確保されたのは、川崎市麻生区に住む51歳の岩崎隆一容疑者。神奈川県警が動機や背景の捜査を進めている中、本誌・週刊ポストが岩崎容疑者の自宅に電話すると、親族とみられる男性と接触することができた。記者が名乗った上で、容疑者の名前を告げて「そちらに(住んで)いるのか」と聞くと、「いるような、いないような」と回答した。以下、一問一答だ。

──そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、岩崎容疑者は自宅にいたのでしょうか。

「ほとんどいないよ。いまはいない」

──一緒には暮らしていなかったんですか?

「暮らしているってものではないですね」

このあと、岩崎容疑者の生活状況について尋ねたが、電話は切られた。岩崎容疑者が死亡した中で、事件の動機や背景にどこまで迫れるか。捜査はこれから本格化する。

出典:NEWSポストセブン

この記事を見ると、家族は岩崎容疑者について何も関心が無いように思えます。

一人暮らしではなく実家暮らしのようですが、この関心の無さは異常だと感じますね。

また、週刊文春の記事では30年以上前から同じ家に住んでおり、会社員だった伯父さんと専業主婦の伯母さんと一緒に暮らしているんだそう。

この事から結婚はしていないものと思われます。