ニュース

セブンペイ不正アクセスで逮捕された中国人は誰?名前・顔画像や大元の国際的犯罪組織も調査

サービスを開始したばかりのスマートフォン決済サービス「セブンペイ」で、約5500万円の不正アクセス被害があった事件について

2019年7月4日、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで中国籍の男を二人逮捕しました。

コチラの記事では、セブンペイ不正アクセスで逮捕された中国人は誰なのか、名前・顔画像や大元の犯罪グループについてご紹介します。

https://guidely.jp/2019/07/04/3433/

スポンサーリンク


セブンペイの事件で中国籍の男二人を逮捕

セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済サービス「セブンペイ」への不正アクセス問題にからみ、他人のセブンペイを不正に使用し、セブンイレブン店舗から約20万円相当の商品をだまし取ろうとしたとして、警視庁新宿署は4日、中国籍の男2人を詐欺未遂容疑で逮捕した。

一連の不正アクセスは国際的な犯罪組織が関与した疑いもあり、同庁は関係を調べている。

同署によると、逮捕したのはいずれも住所・職業不詳のジャン・ション容疑者(22)とワン・ユンフェイ容疑者(25)。

逮捕容疑は3日午前、新宿区内のセブンイレブン店舗で都内の40代男性のIDとパスワードを不正に使い、電子たばこのカートリッジ40カートン(約20万円分)をセブンペイで電子決済して購入しようとした疑い。

出典:日本経済新聞

2019年7月4日、不正アクセス被害があった一連のセブンペイ事件で中国籍の男が二人逮捕されました。

なんでも実店舗で電子タバコを40カートン分買おうとしたとの事ですが、普通の人がコンビニで40カートンも買うわけないでしょうから、怪しんだ店員が通報したのでしょう。

やはりというか中国国籍の男でしたね。

現在警視庁は捜査を進めているようですが、この二人が情報を漏らさない限り黒幕を突き止めるのは難しいと思います。

スポンサーリンク


中国国籍の男二人について

逮捕された二人の中国国籍の男について分かっている事は、今の所名前と年齢だけです。

  • ジャン・ション容疑者(22)
  • ワン・ユンフェイ容疑者(25)

住所・職業は共に不詳で顔画像なども公開されていません。

コチラについては分かり次第追記します。

また、今回逮捕されたのはいわゆる「受け子」で、背景には国際的な犯罪組織が関わっている可能性があります。

二段階認証を導入していなかったセブンペイのサービス開始に合わせて不正アクセスをしたものと思われますが、かなりの被害が出てしまいました。

恐らく逮捕された事で受け子の二人はグループから切られますので、今後の捜査は難航すると思います。

中国の公安も日本に協力してくれるとは思えないですしね。

犯罪組織についても分かり次第追記します。

スポンサーリンク


ネットの反応