ニュース

京都府京田辺市の田辺総合庁舎で男性を刺した69歳男は誰?名前や顔画像・犯行動機を調査

2019年7月24日午後4時30分頃、京都府京田辺市にある田辺総合庁舎で、職員の男性が刃物で腹部を刺されケガをしました。

その十数分後に刺した男が警察に出頭。

3月まで同じ職場で非常勤職員として働いていた69歳の男が逮捕されました。

コチラの記事では、京都府京田辺市の田辺総合庁舎で男性を刺した69歳男は誰なのか、名前や顔画像・犯行動機を調査しました。

スポンサーリンク


元同僚に男性が刃物で刺される

京都府京田辺市にある府の総合庁舎で、職員の男性が刃物で腹部を刺されました。
警察は出頭してきた元同僚の男を逮捕する方針です。

24日午後4時半頃、京田辺市にある府の総合庁舎で「職員が刺された」と消防に通報がありました。

刺されたのは府の山城広域振興局の65歳の男性職員で、腹部を刃物で刺され出血していて、病院にすぐ運ばれました。

この事件で、午後5時前に69歳の男が包丁を持って田辺警察署に出頭し、現在、事情を聴かれています。

男は今年3月まで非常勤の嘱託職員として男性と一緒に働いていたということです。

男性は同僚に助けを求める際、「男としゃべっていたら突然刺された」と話していたということで、警察は殺人未遂の疑いで男を逮捕する方針です。

出典:カンテレ

3月まで一緒に働いていたのに、突然刃物で刺されるなんて怖すぎですね。

逮捕された男と喋っていた時にいきなり刺されたそうなので、避けようもないでしょう。

なぜ刺したのか動機も気になるところですが、現時点では不明です。

刺される前、職員男性と容疑者の男がどういう感じで喋っていたのか、喧嘩口調であれば何らかのトラブルがあったと考えられます。

また、人にケガをさせる程度の刃物を持っていたので、最初から刺す気だったのかもしれません。

スポンサーリンク


容疑者の69歳の男について

容疑者の男についてですが、現時点で判明してるのは年齢のみです。

今後ニュースサイトで名前や顔画像も分かると思うので、その際に追記します。

事件現場詳細

事件現場の京都・田辺総合庁舎についてご紹介します。

〒610-0331 京都府京田辺市田辺明田1

駅からも比較的近く周辺も発展しています。

容疑者の男が近辺に住んでいたのかも現在調査中です。

スポンサーリンク


ネットの反応