ニュース

山口陽平さん(28歳アルバイト男性)がひらパーで熱中症死亡?着ぐるみダンス練習中に倒れる

大阪府枚方市のテーマパーク・ひらかたパークにて、アルバイトの山口陽平さん(28)が亡くなるというニュースがありました。

死因は熱中症で、着ぐるみを着たままダンスの練習をして、終了後に休憩していたところ意識を失い亡くなったそうです。

スポンサーリンク


ひらかたパークでアルバイト男性が熱中症で死亡

28日、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、着ぐるみを着てダンスの練習をしていた28歳のアルバイトの男性が死亡しました。死因は熱中症でした。

28日午後8時ごろ、大阪府枚方市の「ひらかたパーク」で、職員から「着ぐるみを着て活動している20代の男性の意識がない」と消防に通報がありました。警察によりますと、着ぐるみを着ていたアルバイトの山口陽平さん(28)が意識不明の重体で病院に搬送され、およそ2時間後に死亡が確認されたということです。司法解剖の結果、死因は熱中症でした。

山口さんは、閉園後に野外ステージでキャラクターの着ぐるみを着ておよそ20分間、ダンスの練習をしていたということで、警察は、運営会社から事情を聞くなどして業務上過失致死の疑いも視野に捜査を進める方針です。枚方市の28日の最高気温は33.2度でした。

出典:ヤフーニュース

大阪府枚方市のひらかたパークで働いていた、アルバイトの山口陽平さん(28)が亡くなったというニュースです。

山口さんは28日、閉園後の午後7時頃に屋外のステージでダンスの練習を開始。

約30分の練習のあと控室に戻ったところ、急に意識を失って病院に搬送されたそうです。

日中の最高気温は33.2℃で、午後7時の気温は29.3℃と結構高いです。

そんな中、着ぐるみを着てダンスの練習をしていたとすると、体感気温は40℃近くになっていたかもしれません。

夜になり、日が落ちた事で大丈夫だろうと安心していたところ、熱中症に罹り倒れてしまった可能性があります。

例え日が落ちていても熱中症に罹る危険性は十分にあるという事です。

スポンサーリンク


ひらかたパークについて

ひらかたパークはその名の通り、大阪府枚方市にあるテーマパークです。

開園は1912年で「現存する日本最古の遊園地」とされています。

近隣には枚方小学校や枚方中学校もあり、地元の方なら誰もが知っている老舗遊園地です。

V6の岡田准一さんやブラックマヨネーズの二人が、通称「ひらパー兄さん」になって大々的に宣伝もしています。

また、毎年変わった発想の企画を打ち出す事でも有名です。

スポンサーリンク


山口陽平さんのプロフィール

  • 名前:山口 陽平(やまぐち ようへい)
  • 年齢:28歳
  • 職業:アルバイト

山口さんですが、約16kgの気ぐるみを着ていた事が分かっています。

実際のショーの様子は以下になります。

この中のどれかに山口さんが居るという訳ではありません。

写真を見てもらうと分かりますが、結構重そうで暑そうなイメージを受けます。

この着ぐるみを着て、気温も高い中動くというのはかなりの重労働です。

スポンサーリンク


ネットの反応