ニュース

ディープインパクトに安楽死処置をした詳細な理由は何?病名やかわいそうの声に賛否両論

日本競馬史上二頭目の無敗の三冠馬、ディープインパクト(牡17)が死去したというニュースが入ってきました。

ディープインパクト自身は腰の不安により今年の種付けを中止しており、来春の種付けシーズンに備えていました。

名馬の突然の訃報に、ネット上には競馬ファンの悲しみの声が溢れています。

コチラの記事では、ディープインパクトに安楽死処置をした詳細な理由は何なのか、病名やかわいそうの声についてもご紹介します。

スポンサーリンク


ディープインパクト死去

史上2頭目の無敗の三冠馬となったディープインパクトがけい用先の社台スタリオンステーションで死んだことが30日、分かった。

社台スタリオンステーションのホームページで発表された。17歳だった。

同馬は28日に頚部の手術を受けたが、29日の午前中に起立不能の状態に。

30日早朝にレントゲン検査を行ったところ、頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから、安楽死の処分が取られた。

関係者は「非常に残念です」とコメントした。

公式HPによると、「弊社にて繋養しておりましたディープインパクト号ですが、かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました。手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました。突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、謹んでお知らせいたします」と記されている。

出典:デイリー

日本競馬史上二頭目の無敗の三冠馬、ディープインパクトが2019年7月30日に亡くなった事が発表されました。

ディープインパクトは腰の不安で今年の種付けを中止、来春の種付け再開へ向けて治療中で7月28日に頸部の手術を受けましたが、29日午前に頸部の骨折が判明し起立不能に。

回復の目処が立たず、止む無く安楽死の処置を下しました。

競走馬としても名馬でありながら、種牡馬としても超一流で今年のリーディングサイアー争いもトップをひた走っています。

父サンデーサイレンスも16歳で早逝しており、その子であるディープインパクトと因果関係がありそうな気もします。

順当に行けばサンデーサイレンスの連続リーディング、通算産駒勝利数を抜かせるペースだったので、突然の訃報はとても残念です。

今後は子であるキズナやサトノダイヤモンド、シルバーステート等の種牡馬に期待したいですね。

スポンサーリンク


安楽死処置の理由は?

ディープインパクトはかねてより頸部を痛めており、今回その手術をした後に骨折が発覚し起立不能となり、安楽死の処置が取られました。

Twitter上では「なぜ安楽死処置をしたんだ?」という意見も多々見受けられます。

人間であれば骨折をしても、ギプスで固定するなどして治す事が当たり前ですが、競走馬にとっては骨折は致命傷です。

と言うのも人間とは違い、馬は4本の脚で平均して400kg~500kgの体重を支えています。

これがどんなに脚に負担をかけているかは想像に難くないと思います。

仮に脚を一本骨折すると、残り三本の脚で全体重を支えなければならず、負担は増大。

そのため、健常な脚にも蹄葉炎や蹄叉腐爛といった病気を発症する可能性が高くなります。

これらの病気が悪化すると、衰弱死やショック死を招く要因となり、その後の回復も見込めない状況になります。

回復の見込みが無いと判断されると「予後不良」と診断され、苦しみながら死ぬ前に安楽死の処置が取られる事になります。

骨折が直接の原因ではなく、骨折が引き起こすその他の病気が致命傷となるケースが非常に多いです。

人間は足を骨折しても車椅子に乗ったりベッドで横になる事で回復を促せますが、馬の場合は自力で立つことが出来ないと命に関わります。

胴体を吊り上げたり、プールでリハビリをするなどの対策方法もありますが

治療費も高く最終的に死亡に至るケースが多いため、予後不良の診断を受けた馬はすぐに安楽死の処置を取られる事が多いのが現状です。

スポンサーリンク


かわいそうという意見で賛否両論

Twitterを見ていると安楽死処置に「かわいそう」という声も多く見られます。

しかし、前述の通り安楽死処置をしないと、苦しみが長引く場合がほとんどで、見方によっては安楽死処置をする事が苦しみを和らげる方法だとも言えます。

この辺りの意見については人間のエゴだったり、処置をする人間も辛いなど、色々な意見があるので難しいところではありますね。

スポンサーリンク


ネットの反応