ニュース

上野宏史の秘書(政策秘書A氏・カラオケ)やネオキャリア担当は誰?経歴・学歴や義父の上野公成議員についても

衆議院議員・上野宏史氏が外国人労働者の在留資格を巡り法務省に口利き、見返りとして金銭を求めていた事が週刊文春により報じられました。

コチラの記事では、上野宏史氏の秘書(政策秘書A氏・カラオケ)やネオキャリア担当は誰なのか、経歴・学歴や義父の上野公成議員についてご紹介します。

スポンサーリンク


上野宏史氏に金銭譲受疑惑

上野宏史厚生労働政務官(48)が、外国人労働者の在留資格を巡り、法務省に“口利き”し、その見返りに金銭を求めていたことが「週刊文春」の入手した音声記録から分かった。

東京都新宿区に本社を構える人材派遣会社「ネオキャリア」(以下ネオ社)は、全国の飲食店やドラッグストアなどに外国人を派遣している。彼らの在留資格を取るため、各地方の法務省外局「出入国在留管理局」に大量の交付申請を行っていた。

上野事務所にはネオ社から在留資格申請中の外国人187人分のリストが送付されており、それに基づいて法務省に問い合わせを行っていたことも判明した。

この申請を巡り、今年6月、上野政務官は政策秘書A氏に対し、次のような発言をしていた。

「(在留資格認定証明書の交付を)早くしたっていう実績をウチが作ってあげて、その分ウチは(もらう金額を)交渉して、これを党費にあてようと思って。(交付申請が)100人だから、(1件2万円で)200万円」

音声記録の中には他にも上野氏が「うちがネオキャリアからお金もらう案件でやってんだから」「僕がもらうはずのお金」などと口にする様子や、A秘書が「これあっせん利得になっちゃいますよ、代議士」とたしなめる場面も含まれている。

元東京地検検事の落合洋司弁護士が指摘する。

「国会議員や秘書が、国が締結する契約などに関し、請託を受けて、権限に基づく影響力を行使して公務員に職務上の行為をさせるようあっせんし、報酬を得ることはあっせん利得処罰法違反となります」

出典:週刊文春オンライン 

この記事を見る限りでは、上野宏史氏が金銭を求めていた事は明白です。

落合弁護士が指摘するように、国会議員が自らの影響力を利用し報酬を得る行為は違反なので、何らかの処分を受ける事でしょう。

現役の国会議員がこのような問題行為を起こすのはいただけないですね。

スポンサーリンク


上野宏史氏のプロフィール

  • 名前:上野 宏史(うえの ひろし)
  • 生年月日:1971年2月23日
  • 年齢:48歳
  • 出身:宮城県仙台市
  • 職業:衆議院議員・厚生労働大臣政務官

上野宏史氏は宮城県仙台市出身の48歳。職業は政治家です。

大学卒業後、1994年に通商産業省(現:経済産業省)に入省。

2010年に経済産業省を辞め、同年の参議院議員選挙に出馬し当選しました。

2012年、参議院議員を辞職し衆議院議員選挙に出馬し当選。

2014年の衆議院議員選挙では落選するものの、2017年の衆議院議員選挙で再当選。

2018年、第4次安倍改造内閣にて厚生労働大臣政務官に任命されました。

旧姓は小林で義父が元内閣官房副長官の上野公成氏なので、婿養子に入ったのかもしれませんね。

学歴について

上野宏史氏の学歴ですが以下の通りです。

  • 開成高等学校
  • 東京大学経済学部
  • ハーバード大学ケネディスクール

ハーバード大学については2003年に入学とあったので、経済産業省の入った後に入学したものと思われます。

スポンサーリンク


上野宏史氏の秘書について

上野宏史氏の秘書ですが、カラオケというキーワードが一緒に出てきたので調べたところ、テレビ東京『カラオケバトル』に出演経験があるそうです。

名前も公開されており、小松ミユキさんと判明しています。

秋田県出身で群馬県在住、日本人とトルコ人のハーフです。

現在も上野氏の秘書を務めています。

ただ、今回週刊文春の記事に登場した秘書とは違うと見られています。

記事内には「政策秘書A氏」と出ているので、小松さんとはまた別の秘書である可能性が高いです。

ネオキャリア担当について

上野氏の政策秘書A氏も気になるところですが、やり取りを担当したネオキャリアの方も気になりますね。

しかし、ネオキャリア内の誰が上野氏とやり取りをしていたのかは特定出来ていません。

今回の週刊文春の記事により、ネオキャリアのイメージが悪くなるのは避けられないので、ネオキャリア代表・西澤亮一氏の対応に注目ですね。