ニュース

【運転見合わせ】台風15号の影響で常磐線快速・各駅停車が明日朝8時まで運休!JR各社の運行状況についても

台風15号が9月8日~9日にかけて関東地方を通過し、大雨・洪水・暴風などの被害をもたらすと予想されています。

今後の進路によっては通勤通学など、関東圏内に住んでいる人ほとんどに影響を与えると思います。

そこで今回は台風15号の与える影響、JR東日本の計画運休などについて調べました。

スポンサーリンク


台風15号について

先日の台風13号で冠水した道路 (9月5日 沖縄県宮古島市の様子)台風15号は暴風域を伴って、8日(日)夜から9日(月)未明にかけて関東付近を通過していく見通しです。

台風の通過に伴い、激しい雨も予想されており、多いところでは関東南部でも400mm前後に達するおそれがあります。

特に関東西部の山沿いでは1時間に100mm前後の猛烈な雨が降ることも考えられるため、大規模な道路冠水や河川の氾濫・増水、土砂災害の発生に厳重な警戒が必要です。

出典:ライブドアニュース

既に伊豆大島近辺では被害が出ており、最大瞬間風速は60m/sとされています。

風速60m/sがどの位なのかピンと来ない方もいるかもしれませんので、参考になりそうな動画をご紹介します。

コチラの動画では風速30m/sまでですが、その強さは分かったと思います。

単純計算で動画の倍、風に加えて雨も加わるとなると恐ろしいですね。

ちなみに、風速60m/sは「新幹線並みのスピード」と言われています。

新幹線のスピードの風が接近したら、住宅の窓ガラスは割れ、歩くことすら困難になるのは想像に難くありません。

暴風警報など発令されている地域の方は絶対に出歩かないようにしてください。

スポンサーリンク


台風15号の進路予想図

台風の進路予想ですが静岡県辺りで上陸し北上、茨城県・福島県を抜けていくルートになっています。

首都圏に影響があるのは9日の早朝、4~6時辺りといったところでしょうか。

既にJRの計画運休も決まっていますし、通勤通学への影響は大きそうです。

スポンサーリンク


常磐線快速・各駅停車が運休

台風15号の影響で、郊外と首都圏を結ぶ常磐線快速・各駅停車の運休が発表されました。

首都圏に近い取手以南は朝8時まで運休、取手以北は9時以降再開の見込みのようです。

ただ、真偽不明ですがTwitterに「常磐線の運転再開が早まる」という投稿がありました。

上陸後に台風が早く通過するかもしれないから、その分早く復旧できるというものですね。

ただ、あくまでもTwitterに投稿されたもので、公式発表ではないため本当に早く復旧するかは分かりません。

JR東日本の正式発表を待ったほうが良いと思われます。

JR各社の運行状況

常磐線その他、関東のJRの運行状況ですが以下のようになっています。

常磐線も含め、JR東日本の首都圏の在来線は朝8時頃まで運休する事が発表されています。

路線によっては予定よりも早く再開する可能性もありますが、こればっかりは公式の発表を待つしか無いですね。