ニュース

濱田美栄コーチの経歴・学歴や顔画像は?織田信成へのモラハラ疑惑や過去の指導選手一覧についても

男子フィギュアスケートの元オリンピック日本代表の織田信成さんが、自身のブログで関西大学監督時代のモラハラ被害を告発した件で

パワハラを行っていたとされる、濱田美栄(はまだみえ)コーチが週間文春の取材に答えました。

コチラの記事では、濱田美栄コーチの経歴・学歴や顔画像などのプロフィール、織田信成へのモラハラ疑惑や過去の指導選手一覧についてもご紹介します。

スポンサーリンク


濱田美栄コーチが織田信成にパワハラ?

フィギュアスケート元五輪代表で、監督だった織田信成(32)が9月29日、自身のブログでモラハラ被害を告発した関西大学アイススケート部を巡る問題。“容疑者”とされるコーチの濱田美栄氏(59)が「週刊文春」のインタビューに答え、潔白を主張した。

2017年4月に母校・関西大学のアイススケート部監督に就任した織田だが、9月9日付で突如、退任。9月29日、織田は自身のブログで次のように訴えた。

〈リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった〉

織田が主張するモラハラとは何か。関大関係者が明かす。

「織田さんはスケート部所属の学生の学業がおろそかになっていることを問題視。他のクラブのように、インカレなどの試合出場に成績の基準を設けたほうがいいと主張し、部則を変えようと動いた。そこに立ちはだかったのが、宮原知子や紀平梨花などへの指導で知られる濱田美栄コーチだった。濱田コーチは織田さんに『練習する時間がなくなる』などと反対し、織田さんが挨拶しても無視するようになった」

出典:文春オンライン

織田さんはスケート部所属の学生がフィギュアスケートに熱を入れる余り、学業がおろそかになっている事を問題視し、部則を変えようと動いていました。

しかし、そこに濱田美栄コーチが立ちふさがり部則を変える事に反対したそうです。

さらに、織田さんの挨拶を無視するようになったとも書かれています。

これが事実なら結構ヤバイですね・・・。

元々、織田さんが関西大学の監督をなぜ辞めたのか気になっていましたが、このモラハラが事実なら残念です。

スポンサーリンク


濱田美栄コーチのプロフィール

  • 名前:濱田美栄(はまだ みえ)
  • 生年月日:1959年10月29日
  • 年齢:59歳
  • 出身地:京都府京都市

濱田美栄コーチは京都府出身の元フィギュアスケート選手です。

選手時代は目立った成績は残せなかったものの、大学卒業後に引退しコーチになりました。

そして、フィギュアスケートのコーチとして多数の有名選手の指導を行っています。

学歴は以下の通りです。

  • 京都市立藤森中学校
  • 京都市立日吉ヶ丘高等学校
  • 同志社大学

多数の有名選手の指導経験があるとご紹介しましたが、その一覧が以下になります。

現在指導中の選手
  • 宮原知子 – 2015年GPファイナル2位・2015年世界選手権2位・2016年四大陸選手権優勝・2018年平昌オリンピック4位
  • 白岩優奈 – 2015年JGPコロラドスプリングス・JGPログローニョ優勝
  • 紀平梨花 – 2019年四大陸選手権優勝・2018年GPファイナル優勝
過去に指導した選手
  • 本田真凜 – 2015年JGPファイナル3位・2016年世界ジュニア選手権優勝
  • 神崎範之 – 2005年ネーベルホルン杯2位・2006年全日本選手権4位
  • 太田由希奈 – 2003年世界ジュニア選手権・2004年四大陸選手権優勝
  • 澤田亜紀 – 2005年全日本ジュニア選手権優勝・2005年JGPファイナル2位
  • 北村明子 – 2005年JGPモントリオール優勝
  • 金彩華 – 2007年韓国選手権優勝
  • 村元小月 – 2009年トリグラフ杯優勝
  • 村元哉中 – 2010年・2011年トリグラフ杯2位
  • 加藤利緒菜 – 幼少期に指導。後に加藤ゆかり・アンソニー・リュウにコーチを変更。
  • 木原万莉子 – 2014年プランタン杯・2015年ババリアンオープン・2016年トリグラフトロフィー優勝

出典:Wikipedia

この一覧をざっと見るだけでも、コーチとしての才能がある事が分かりますね。

濱田美栄コーチの指導は厳しいことでも知られていますが、その指導を乗り越えた選手は世界の舞台で活躍出来る実力を付けられるのだと思います。

それだけに、今回のモラハラ疑惑は残念でなりません。

スポンサーリンク


濱田美栄コーチは潔白を主張

濱田氏は「週刊文春」の直撃取材に「私の名前になってんの!? もうショックやわ」と驚きながらも、50分にわたりインタビューに応じた。

「勉強が大事という織田君の考えには賛同しています。ただペナルティありきではなく、勉強ありきが一番望ましいんじゃないかな。学生たちが不安に思って、私たちコーチに相談に来たこともありました」

――挨拶を無視するなどのモラハラ行為は?

「そんなこと全然無いですよ! 挨拶し忘れたことはあったかもしれないけど」

――織田氏は、「多忙が辞任の理由ではない」と主張している。

「いやいや、元々彼はリンクにいませんよ。今年からではなく初めから。解説者もやってタレントもやって、片手間で監督やるのは大変やと思います」

出典:文春オンライン

上記が濱田美栄の週刊文春の取材に対する回答です。

この中だと「挨拶し忘れた」というのが個人的には怖いですね。

意図的に無視していたとしても、こういう風に言えば許される可能性もありますし。

何よりこんな回答をしている時点で、無視していた可能性はあると思います。

織田さんが指導していたと主張しているのにも関わらず、元々リンクに居なかったと答えているのも怖いです。

確かに彼は多忙だと思うので、そういう状況はあり得なくも無いですが・・・。