ニュース

松原翔平容疑者(杉並区20代女性強姦未遂)の犯行動機と逮捕の決め手は何?facebook顔画像や住所についても

今から3年前の2016年、東京都杉並区のアパートに侵入し、寝ている女性に性的暴行を加えたとして、会社員・松原翔平容疑者(27)が逮捕されました。

コチラの記事では、松原翔平容疑者の犯行動機と逮捕の決め手、facebook・顔画像や住所についてもご紹介します。

スポンサーリンク


寝ている女性に性的暴行を加えた男を逮捕

3年前、東京・杉並区のアパートに侵入し、20代の女性に性的暴行を加えようとしたとして、会社員の男が逮捕された。

強姦未遂などの疑いで逮捕されたのは、東京・大田区の会社員、松原翔平容疑者。警視庁によると、松原容疑者は2016年9月30日の未明、杉並区にあるアパートの部屋に侵入し、面識のない20代の女性を脅して、性的暴行を加えようとした疑いがもたれている。

松原容疑者は鍵が開いていた玄関から侵入し、1人で寝ていた女性に「抵抗するな」などと脅したという。

現場に残されたティッシュ片から検出されたDNA型が松原容疑者のものと一致し、逮捕につながった。調べに対し、「全て間違いありません」と容疑を認めているという。

出典:日テレNEWS24

以上の記事の通り、アパートで寝ていた女性に性的暴行を加えたとして、東京都大田区在住の会社員・松原翔平容疑者(27)が逮捕されました。

事件が発生したのは約3年前の2016年9月なので、絶対に犯人を捕まえるという警察の執念を感じますね。

スポンサーリンク


犯行動機と逮捕の決め手

松原容疑者は今回の逮捕について「全て間違いありません。」と全面的に容疑を認めています。

女性のアパートに侵入し寝ていた女性に「抵抗するな」と脅しをかけている事から、自らの性的欲求を満たすために犯行に及んだとみて良いでしょう。

たかが一時の性欲を満たすために、自身の今後を棒に振るなんて正しい選択をしたとは思えませんね。

逮捕の決め手は?

松原容疑者が逮捕されるキッカケになったのは「現場に残されたティッシュ片」です。

このティッシュ片に付着していたDNA型から、松原容疑者だと特定されました。

現場に残されたティッシュ片のDNA型なので、おそらくは体液か何かが付いていたんだと思われます。

スポンサーリンク


松原翔平容疑者のプロフィール

  • 名前:松原翔平(まつばら しょうへい)
  • 年齢:27歳
  • 住所:東京都大田区
  • 職業:会社員

松原翔平容疑者は東京都大田区に住む27歳で会社員です。

どこの会社に務めているかまでは分かりませんでしたが、逮捕された事で懲戒解雇される可能性が高いですね。

法律に違反する行為や会社に不利益を及ぼす行為をした場合、会社側は懲戒解雇を言い渡す事が出来ます。

松原容疑者は強姦未遂の疑いで逮捕されたので、この条件を十分に満たしていますね。

住所は東京都大田区との事ですが、詳細な住所までは分かりませんでした。

事件が起きた杉並区とはかなり離れているので、元々はそこに住んでいたか、会社が杉並区にあるのか、色々な事が考えられますね。

また、facebookなどのSNSですが、同姓同名のアカウントがあるものの、杉原容疑者のものと断定できるアカウントはありませんでした。