ニュース

【青森県八戸市女子児童切りつけ事件】犯人の14歳少年が通う中学校を特定?名前・顔画像や両親と防犯カメラ映像についても

青森県八戸市の路上で小学校高学年の女子児童が首を切られケガを負った事件で、市内に住む14歳の男子中学生が逮捕されました。

コチラの記事では、14歳少年の名前・顔画像、中学校や両親と防犯カメラ映像についてもご紹介します。

スポンサーリンク


殺人未遂で14歳の男子中学生を逮捕

青森県八戸市の路上で小学校高学年の女児が首を切り付けられた事件で、青森県警は12日、殺人未遂容疑で市内に住む男子中学生(14)を逮捕した。「殺すつもりだった」という趣旨の供述をしており、容疑を認めているという。

捜査関係者によると、少年は「誰でもよかった」という趣旨の供述もしているという。女児は少年と面識がなかったとみられ、県警は動機などを詳しく調べている。

逮捕容疑は、12日午後4時40分ごろ、同市新井田西の路上で、女児の首の前部分を刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。

県警によると、女児は喉付近を長さ約10センチ、深さ最大約1センチ切られ、3週間のけがをしたという。

出典:時事ドットコム

青森県八戸市の路上で小学校高学年の女子児童が切りつけられた事件ですが、犯人として14歳の男子中学生が逮捕されました。

少年は女子児童と面識が無かったと供述しており、通り魔的犯行の可能性も考えられます。

しかし、誰でも良かったと供述している割には、自分より体格の劣る女子児童を切りつけている訳ですから、この少年は相手を選んでいると思いますね。

もし誰でも良いのなら、体格の良い男の人を狙うはずです。

似た事件が起こる度に「誰でも良かった」との供述が目に付きますが、この発言をしておけば良いだろう的な考えなのでしょうか?

また、少年が女子児童を追いかけていた防犯カメラの映像も公開されていました。

スポンサーリンク


14歳男子中学生について

今回逮捕された14歳の男子中学生についてですが、名前や顔画像など一切不明です。

少年法との関係もあるので、今後も明らかになる事は無いのかなと思います。

そして、以前から度々ネット上で話題になっている事ですが、今回も少年法の見直しを求める声がありました。

個人的には、凶悪犯罪を起こした犯罪者は年齢に問わず、厳しく裁かれるべきだと思っています。

今後、少年法が見直され罰則が厳しくなる日が来ることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク


男子中学生が通っている中学校はどこ?

逮捕された14歳の男子中学生ですが、青森県八戸市内の中学校に通っている事が判明しています。

現在、八戸市内には公立・私立を含め26つの中学校が存在します。

ここから絞ることは難しいですが、男子中学生なのでそこまで行動範囲が広くないと思われます。

事件は新井田西1丁目の路上で起きたので、ここに近い中学校を挙げると以下の中学校が候補になります。

  • 八戸市立第一中学校
  • 八戸市立大館中学校
  • 八戸市立東中学校

この内、学区内に入っていたのは「八戸市立大館中学校」です。

スポンサーリンク


男子中学生の両親や家族構成について

また、男子中学生の両親や家族構成についても話題になっているようです。

現時点では、男子中学生の両親や家族構成について明らかになっている事はありません。

やはり少年が14歳という事もあり、必要以上の情報開示はされないようです。

今回の事件に関して、両親や学校の教師との意思疎通が出来ていなかった可能性も指摘されていますが

八戸市教育委員会の伊藤博章教育長は記者会見で

「(事件当日は)普通に学校に登校して、定刻に下校している」「これまで入学時から昨日まで大きな事案等起こしたことのない生徒で、運動部の活動等にも積極的に取り組んでいる生徒だと、その人物像を明らかにした。

出典:FNNプライム

このように語っているため、日頃から本心を隠していた可能性があります。

日常普段から殺人衝動があったのか、それとも家庭の事、学校の事が原因で殺人衝動が芽生えたのかも気になるところです。

今回の件について、新しい情報が入れば追記します。